01月04日

お正月

明けましておめでとうございます。倉庫担当のHです。
今年もよろしくお願いいたします。


お正月は、6時間かけて釧路へと帰省して参りました。
ここ数年、12月30日に毎年恒例となっている高校の同窓会に出席し、
末広(小さいすすきのみたいな)で大騒ぎし、大晦日は実家で年越ししてきました。


大好きなウニや大トロ中トロはここぞとばかり毎年食べますが、
あまりお節は好きではないですが、年に一度だし、一生懸命作ってくて、せっかくなので頂きました。





ところでお節は一つ一つの食べ物に意味があるようなので調べてみました。
(以下引用・参照 http://blog.livedoor.jp/plumber28/?p=4)

【紅白蒲鉾】
紅はめでたさと喜びを表し、白 は神聖を表すそうです。

【伊達巻】
お正月には巻物がよく出てきま す。昔の人は、大切な文書は巻 物に装丁し、 絵は掛軸に仕立て、家宝にして いました。江戸時代、長崎に伝 えられた しっぼく料理の中に、「カステ ラかまぼこ」というものがあり ました。 これが江戸に伝えられ、伊達者 たちが着ていたドテラに似てい たことから 伊達巻と呼ばれるようになったようです。伊達者とはシャレ者とい う意味。

【錦玉子】
黄身と白身の2色が美しい錦玉子 は、その2色が金と銀にたとえられ、 お正月料理として喜ばれます。2 色を錦と語呂合わせしているともいわれます。

【栗きんとん】
黄金色に輝く財宝にたとえて豊かな1年であるようにという願いが込められているようです。

【黒豆】
黒豆がお正月に登場するわけは 、「まめ」が丈夫・健康を意味 する言葉だった から。

【昆布巻】
喜ぶの言葉にかけて、昆布はお正月の鏡飾りにも用いられてい ます。 日本料理の必需品ともいえる大 切なもので、健康長寿が得られ るといわれ、 沖縄でも遠く北海道から取寄せ 、多く食べられているそうです。

【田作り】
豊作を願い、小魚を田畑に肥料 として撒いたことから名づけら れた田作り。 片口鰯の小魚を天日で干して上 げたごまめを砂糖としょうゆで 調理したものです。

【数の子】
二親(にしん)から多くの子が出る のを好き事とし、古くからおせ ちに使われました。 今は数の子も高価な品となりま したが、かつて、数の子は日本 中どこでも入手 できる一般的なものだったそうです。

【えび】
えびは、長いひげをはやし、腰 が曲がるまで長生きすることを願ってお正月飾りや おせちに使われます。

【お多福豆】
「阿多福」という字が当てられ 、文字通り福を招く食べ物として、祝い膳には よく登場します。空豆の一種で 、その形がふくよかなおたふくの顔に 似ているところからこの名前がつけられました。

【ごぼう】
細く長く地中にしっかり根を張 るごぼうは、お正月料理に 重要な役割を果たしています。 たたきごぼう は軟らかく煮たごぼうを叩き、身を開いて、開運の縁起をかついだものだそうです。

                              K・H


貸事務所・賃貸事務所・オフィス移転の仲介|三鬼商事(株)

2013年1月 4日 00:00 | 札幌支店こぼれ話| トラックバック (0)

01月22日

落し物

最近やたらと雪が降ります(T_T)
道路の状況も悪く車の行き来が大変です

先日も道路の中央分離帯に不思議な物が落ちてました
なんと車のバンパー(ナンバー付き)

事故があったのか轍にひっかかり外れたのかは
わかりませんが周りにそれらしい車も無く
ただひっそりとバンパーだけが横たわっていました(笑)

外れた事に気づかずに走っていたとしたら笑えます

数時間後に同じ場所を通りましたが
その時にはもうバンパーは無く
無事回収されたようです(笑)

Y.H


貸事務所・賃貸事務所・オフィス移転の仲介|三鬼商事(株)

2013年1月22日 08:04 | 札幌支店こぼれ話| トラックバック (0)