06月04日

札幌駅南口再開発

JR札幌駅南口すぐの北4西3街区(約1ha)の再開発がいよいよ動き出します。
地権者16者が23日、再開発の準備段階となる「再開発準備組合」を設立しました。

DSC_2274.JPG

新聞記事によると、今後事業コンサルタントを選定した上で、開発計画づくりや施設設計に入り、
2021年度に事業化の前提となる都市開発決定を目指す。具体化はこれからだが、約1haの街区全体を使い、
道都のシンボルにふさわしい超高層複合ビルを開発のイメージとする。
用途はヨドバシカメラの店舗、ホテル、オフィス、劇場、商業施設が地権者から意見として上がり、
事業性を踏まえ協議、決定していく。としています。

2030年度の北海道新幹線札幌延伸を前に、道都の顔となる一等地の再開発が動き出しました!(T・F)

貸事務所・賃貸事務所・オフィス移転の仲介|三鬼商事(株)

2019年6月 4日 14:00 | 話題のビル(札幌エリア)| トラックバック (0)